終了のお知らせとお礼

 

出雲での第5回目の作品展

JAしまね ラピタ本店 3階 H29年8月14日から伊週間行いました作品展無事終わりました。お手伝いいただいた皆様お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 第5回目の有藤富男in Izumo作品展は無事終了しました。お越しいただいた方々に深く御礼申し上げます。今回は思いがけなく、高校美術部の後輩でディスプレーデザイナーでもあった角田和男君が描き貯めた水彩画の内の幾らかを一緒に並べさせて欲しいという要望があったので、毎回来場者が減って一人寂しく(笑)過ごす寂しさから解放されると思い、喜んで場所を提供することにしました。(大笑)その甲斐有って、彼の友人知人にたくさん来てもらえ、思いがけない共通の知人にも会えたり、様々な情報を得られたりと、実に充実した1週間を過ごすことができました。今や会社社長となっている後輩に素敵な美人ママの店を紹介され、大いにカラオケで盛り上がったり、演劇の世界を目指していた旧友が帰省し、地域の演劇活動のリーダーとして様々なイベントを支援したり、行っている様子も知り、共にまたカラオケで盛り上がったりと、盛り上がりぱなしでした。(カラオケばっかりか?笑)また今回も岡山の方々に遠くから来ていただいたことも感激でした。遠くからといえば、毎回来てくださる方島根の西の方のがいらっしゃり、今回で白日展に出品した大作は持って来れないので、大きな作品を見ていただける最後の作品展になるだろうと話をしたら、とても名残惜しそうに、写真を撮り、記念撮影をお願いされたり誠に作家冥利につきることでした。次回行うとしても小品展になるのですが、、このようなお客様に出会うと、心から皆様の琴線に少しでも響く作品を描いてご覧いただけるように精進したいとしみじみ思う作品展でした。

 次はいつになるかはわかりませんがきっともっと自信を持ってご覧いただける作品を持って帰りますので、またお目にかかれますことを期待しております。今までお越しいただいたすべての皆様、ご覧いただきありがとうございました。